【乾燥ぜんまい専門ショップ】ビバ!ぜんまいの乾燥ぜんまいは、100パーセント高知県仁淀川町産のぜんまいを使っています。

クレジットでのお支払いをご希望のお客様はYahooショッピング店をご利用ください。

HOME > ぜんまいについて > ぜんまいについて【ぜんまいの特徴】

ぜんまいについて

ぜんまいの特徴
ぜんまい

山野に生える。水気の多いところを好み、渓流のそばや水路の脇などによく出現する。かつてはサツキなどとともによく生えていたものである。

根茎は短く斜めから立つ。葉は高さ0.5〜1メートル、新芽はきれいなうずまき状で、その表面は綿毛で覆われているが、成長すると全く毛はなくなる。葉は2回羽状複葉。シダとしては切れ込みが少ないタイプに属する。栄養葉では個々の小葉は幅広い楕円形っぽい三角形で先端は丸く、表面につやがなく、薄い質である。胞子葉が独立し、栄養葉より高くまっすぐに立って棒状の小葉が並ぶ。まれに栄養葉の一部に胞子嚢が出る場合があり、これをハゼンマイとして区別する説もあるが、偶発的なもののようである。

北海道から沖縄まで、国外では樺太、朝鮮、中国からヒマラヤまで分布する。

引用:ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典
http://ja.wikipedia.org/

ページのトップへ戻る