【乾燥ぜんまい専門ショップ】ビバ!ぜんまいの乾燥ぜんまいは、100パーセント高知県仁淀川町産のぜんまいを使っています。

クレジットでのお支払いをご希望のお客様はYahooショッピング店をご利用ください。

HOME > ぜんまいについて > ぜんまいについて【ぜんまいの利用−食用−】

ぜんまいについて

ぜんまいの利用−食用−
乾燥ぜんまい

日本では山菜の代表格としてワラビと並び称される。若い葉は佃煮、お浸し、胡麻和え、煮物などにして食べる。かつての山里では棚田の石垣に一面に生えていた。春の芽生え前に、草刈りをしておけば、鎌で収穫できたという。

新芽が平面上の螺旋形(渦巻き形)になる。その表面には綿毛が被さっている。スプラウトとして食用にするには、根元を折り、表面の綿毛を取り去り、小葉をちぎって軸だけにし、ゆでてあく抜きし、天日に干す。干しあがるまでに何度も手揉みをして柔らかくし、黒い縮緬状の状態で保存する。

引用:ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典
http://ja.wikipedia.org/

ページのトップへ戻る